Python 変数の定義と値の代入

Python では変数を利用するために最初に定義をする必要があります。ここでは変数を定義する方法や、変数名の付け方などについて解説します。


・変数の定義

Python では変数を使用する時に事前に使用する変数を宣言したり、変数で扱うデータ型を指定する必要はありません。ただし定義されていない変数の値を参照しようとするとエラーが発生します。


#事前に変数を定義していない場合、エラーが発生

print(test)
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
NameError: name 'test' is not defined

#以下は定義した後に実行

test = "テストです"

print(test)
テストです

変数に代入できる値は、数値・文字列・その他のオブジェクトなどです。


num = 100
chr = "テストだよ"
testList = ["test1","test2","test3"]
testDic = {"one":"1","two":"2","three":"3"}

print(num,chr,testList,testDic["one"])
100 テストだよ ['test1', 'test2', 'test3'] 1

・変数名の付け方

変数名を定義するにあたって、以下ルールを守る必要があります。

・使用できる文字は a ~ z 、 A ~ Z 、 0 ~ 9 、アンダーバー(_)、漢字など
・一文字目に数値(0~9)は使用できない
・一文字目にアンダーバーは使用できるがお勧めしない
・大文字と小文字は区別される
・予約語は使用できない

予約語一覧を以下に示します。

Falseawaitelseimportpass
Nonebreakexceptinraise
Trueclassfinallyisreturn
andcontinueforlambdatry
asdeffromnonlocalwhile
assertdelglobalnotwith
asyncelififoryield

これらを使って変数を定義すると、エラーとなります。


False = 1000
  File "<stdin>", line 1
SyntaxError: cannot assign to False

・定義した変数はいつでも変更できる

以下の通り、変数はいくらでも変更することができます。


test = "test ippon"
print(test)
test ippon

test = 1000

print(test)
1000

test = ""
print(test)

・変数に変数を定義することができる

変数に対して、変数を定義することができます。以下をご覧ください。


test1 = 1000

test2 = test1

print(test2)
1000

複雑な計算をさせたいときなど、必要になることがあります。

注意点は「test1」の値が変わった場合でも「test2」の値は変わらないということです。


test1 = 1000

test2 = test1

print(test2)
1000

test1 = 2000

print(test2)
1000

トップページへ戻る