Python IF文を使った条件分岐

Python で条件分岐を行うには if 文を使います。ここでは if 文を使った条件分岐の記述の仕方や実行方法について解説をします。


IF文の基本

if 文は指定した条件式が真の時にだけ設定した処理を実行します。基本的な書式は以下の通り。


if 条件式:
    条件式が真の時に実行する処理

条件式が真となった場合、その後に記述されたブロックの処理を順に実行します。複数の処理を実行させたい場合にはブロック内に記述をしていきます。


if 条件式:
    条件式が真の時に実行する処理1
    条件式が真の時に実行する処理2
    条件式が真の時に実行する処理3

IF文のサンプル

実際に以下IF文の処理を実行してみます。


test = 100
if test == 100:
    print("整数が定義されています。")

整数が定義されています。

「test」 に設定されている値が「100」と等しければ「整数が定義されています。」を出力してください。というIF文になります。ただしこれだと100以外の処理は何もしないため分かりにくくなります。

そこで、真以外を処理させるために「else」を使います。


test = 20
if test == 100:
    print("整数が定義されています。")
else:
    print("testの値は",test,"ですよ")

testの値は 20 ですよ

上記がIF文の基本的な使い方になります。

複数条件を使った条件分岐

IF文は一つの分岐だけ定義というわけではなく、「elif」を使うことで複数の条件分岐を設定することができます。

書式は以下です。


if 条件式1:
    条件式1が真の時に実行する処理
elif 条件式2:
    条件式1が偽で条件式2が真の時に実行する処理
elif 条件式3:
    条件式1及び条件式2が偽で条件式3が真の時に実行する処理
else:
    すべての条件式が偽のときに実行する処理

実際に書いてみます。


test = 100

if test > 1000:
    print("1000より大きいよ")
elif test < 1:
    print("1より小さいよ")
elif test == 100:
    print("100だったよ")
else:
    print("どれでもなかったよ")

100だったよ

#条件が複数当てはまることがありますが、1番最初の条件のみ処理されます

数値を変えて再度実行してみましょう。


#同じコードを書くのは大変なので、関数を作ります

def testcode():
    if test > 1000:
        print("1000より大きいよ")
    elif test < 1:
        print("1より小さいよ")
    elif test == 100:
        print("100だったよ")
    else:
        print("どれでもなかったよ")

test = 10

testcode()

どれでもなかったよ

test = 1001

testcode()

1000より大きいよ

だいたいIF文の感じがつかめたのではないでしょうか。

コードを書く以上必ず使う文なので、ここでしっかり理解しておくと楽だと思います。

トップページへ戻る