ボウリング 両手投げで大切にする有益なこと(特に力が弱い人は!)

 最近両手投げをやられる方が増えていると実感する今日この頃ですが、両手投げにおいて私が大切にしていることがあります。それはスイングにおいて肘を伸ばしたままリリースできているかどうかです。

 性質上どうしても力が入り易い投げ方なので、自分の肘がどうなっているか一度確認してみることをお勧めします。

 今回はなぜ肘を伸ばしてリリースすることがよいのかを解説したいと思います。


・肘を伸ばすタイミングとは

 そもそも肘を伸ばすといっても、常時伸ばすのか、伸ばすべきタイミングが存在するのかが不明瞭です。そこで、肘を伸ばすパターンを確認してみます。

  ・肘を伸ばしたままスイング
   プッシュアウェイから肘を伸ばしたままスイング、体を柔らかく使ってそのままリリース。

  ・プッシュアウェイからバック、バックからリリースまでの間で肘を伸ばす
   プッシュアウェイからバックに上がるタイミングで肘を折り曲げる。
   バックからリリースまで再度肘を伸ばしてリリース。

 人によってはその他のタイミングがあるかもしれませんが、上記2点が大体だと思います。


・なぜ伸ばしたほうが良い?

 人によってはもしかしたら伸ばさないほうがうまくいく人がいるかもしれませんが、基本的には肘は伸ばすほうが良いと考えています。なぜならば遠心力をフル活用できるので、少しの力でリリースできるからです。

 力を使わずにリリースできるということは、コントロールが良くなります。また、ボールの回転も安定するのでいいことばかりです。

 今まである程度力に頼って投げていた方には結構な違和感かもしれません。ですが、遠心力をきっちりと使ったリリースに慣れると、力を使って投げていた時よりもスピードが上がって安定すると思います。

 感覚としてはスイング中、力を加えず常時ボールに肩を引っ張られる感じでリリースまで運びます。

 「投げる」というよりは、綺麗なスイングをしたら、ボールが「勝手に手から離れる」感じでしょうか。


・どうやって練習したらよい?

  まずやらなければいけないことは、自分がどのような形でリリースしているかを知ることです。

  ボウリング場によっては撮影が難しいかもしれませんが、自身のリリースを横から撮影して確かめるしかありません。

  実際に撮影してみると、自分が思っているような動きでない場合が多いです。なので、何度も撮影しながら肘を伸ばしたリリースとなるよう体に覚え込ませるしかありません。

  一番やってはいけないことは、「肘は伸びている」と思い込んでしまうことです。必ず自分を客観的に観察して習得していきましょう。

  実際の練習方法ですが、一歩助走でひたすら肘を意識して投げ続けましょう。肘の使い方、遠心力のかかり方が馴染んできたら通常通りに投げてみるとよいと思います。

  ポイントは両手投げも片手投げも本質は同じということです。力で投げないよう遠心力の使い方をマスターしましょう。


・まとめ

 いかがだったでしょうか。両手投げはスイングが小さい分、力で何とかしてしまいがちですが、力を使わないスイングをマスターすることが非常に大切になります。脱力して投げれるようになると、楽をしてスピードを出せるようにもなります。

 楽して投げる両手投げを目指していけるといいですね。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA